勤続年数がある程度あれば、年間20日の有給休暇が支給されます。しかし仕事が忙しいので、有給を消化できずに困っている人もいるでしょう。うまく有給取得する方法について紹介します。

 

空気を読むことが大事

年間20日の有給休暇があるけれども、1日も取得できずに終わっているという人もいるでしょう。忙しいのでなかなか取れないという人もいるでしょうが、有給は労働者の権利なのでしっかり消化したいところです。そのためには、空気を読めるかどうかがポイントになります。会社の仕事が忙しいときに有給を申請すれば、嫌な顔をされる可能性が高いです。周りに迷惑がかかるからです。そこで会社の仕事が比較的余裕のある時を見計らって有給の申請を行うと、取得しやすくなります。

 

直前は仕事をバリバリこなす

有給の直前は片づけられる仕事はできるだけ片付けておきましょう。皆さんが有給を取れば、周りの人が皆さんの仕事のフォローをする形になります。できるだけ仕事量を少なくしておけば、周りにかかる迷惑も最小限にできます。もし有給までに片付けられない仕事があれば、引継ぎをしっかり行って、後継者が戸惑うことがないようにフォローしておきましょう。このように周囲に気を遣うことも、うまく有給を取得するためのコツです。

 

事前に申請しておくこと

いきなり有給を希望しても、会社が対応できないこともあります。もし有給を取りたい火があらかじめ決まっているのであれば、早めに申請をしておきましょう。期間に余裕があれば、会社も皆さんの抜けた穴を埋める対応がとりやすくなるからです。1か月程度前に申請をしておけば、仕事への影響も最小限にとどまりますので取得しやすくなるはずです。