正社員に年間一定量の有給休暇の認められていることは広く知られているでしょう。ではパートやアルバイト、派遣社員のような非正規雇用の場合はどうなっているのか検証します。

 

条件を満たせばもらえる有給休暇

有給は正社員のもので、パートタイマーやアルバイト、派遣社員のような非正規雇用には関係のない話だ…と思っている人はいませんか?結論から言えば、非正規雇用でも一定の条件を満たせば有給を取得する権利を持ちます。ちなみに派遣社員の場合、派遣元の派遣会社に有給を請求できます。労働者の年次有給休暇の権利は、労働基準法の中で明記されていることです。もし条件を満たした労働者が有給を申請して拒否した場合、使用者は6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金に処せられてしまいます。

 

有給休暇を取得できる条件とは?

非正規雇用でも有給休暇を取得できることはお分かりになったでしょう。しかし先ほども紹介したように「一定の条件」を満たしていることが前提です。その条件とはシンプルで「雇われた日から6か月以上継続勤務し、その全労働日のうち8割以上出勤した場合」です。ちなみにこの条件は、パートタイムでもフルタイムでも一緒です。もっと簡単に言ってしまうと、8割以上出勤率があるかどうかということです。

 

6か月の継続勤務ですが、派遣会社の場合派遣元に在籍している期間です。派遣元が一緒であれば、6か月の間に異なる派遣先で仕事をしていた場合でも、上の条件をクリアできます。ところで派遣の場合、前の派遣と後の派遣との間に仕事をしていない期間の生じる可能性があります。この場合の取り扱いですが、このインターバルの期間がおおむね1か月以内であれば、継続勤務として認められることが多いです。

 

全労働日のうちの8割とは、土日や祝日などもともと職場が休みの日を除いた日です。つまり体調を崩してしまった、急用ができてシフトに入っていたけれども当日仕事ができなくなったといった欠勤が2割以内であれば、有給を取得する権利が発生します。ちなみに自然災害などで会社が営業できなくなった、派遣社員の場合派遣先や派遣元に問題があって、仕事がなくなった場合には全労働日にカウントされません。