有給休暇は用意されていても、会社の中の暗黙の了解で私的に取得するのは禁止・体調不良に限られるというルールのある企業もあるようですが、これは果たして正しいのでしょうか?

 

理由は何でも認められる

有給休暇を取得する場合、多くの会社でいつ取得するかのほかになぜ取得するのか、その理由を聞いてきます。

 

有給休暇を取得する理由ですが、労働基準法では何でも認められます。私用でも私事都合でも家事都合でも理由によって有給が認められなくなることはあり得ません。

 

企業の中には「体調不良しか有給の消化は認められない」というルールのある所もあるようです。しかしこのように有給消化するために理由を限定するのは、労働基準法違反です。

 

ちなみに有給休暇取得届を提出するにあたって、記載すべきことは自分の名前と取得予定日の2項目だけ記入すれば問題はありません。

 

届にたとえ取得理由の欄があったとしても、白紙で提出しても問題はありません。もし会社から取得理由について記載するように強要されたのであれば、違法行為になります。(理由を聞くことを禁止する法律にはなっていません)

 

私的理由による有給を認めないのは違法

会社によっては私的な理由で有給休暇の取得を認めていないという企業もあるようです。

 

しかしこのような労働者が自分の権利を行使したにもかかわらず「有給は認めない」というのは、いかなる理由があっても労働者の権利の侵害になってしまいます。

 

ただし会社には時季変更権があります。例えばそのタイミングで有給の権利を行使されてしまうと、企業の正常な運営を続けるのが難しくなった場合、有給する日にちをずらしてもらうことは可能です。ただしただ単に忙しいからという理由だけでは、権利の乱用になりかねないので行使できる幅は広いです。