会社の規定で有給休暇が年間一定日数与えられるでしょう。もし現在働いている職場を退職することになった場合、未消化分の有給休暇の取り扱いがどうなるかについて紹介します。

 

退職することになっても有給消化できる

会社勤めしていると、年間一定の有給休暇を取得できるところが多いはずです。この有給についての疑問はいろいろとあるようで、最近増加しているのが「退職することになった場合残った有給を消化できるの?」というものです。結論から言いますと、退職が決まった後でも有給が残っているのであれば取得することが可能です。これは労働基準法でも明記されていることです。会社も退職する社員の有給申請を退職だけの理由で拒否することはできません。ちなみに退職時であっても、出勤率80%以上という基準を満たしていれば、従来通りの有給休暇が消化できるはずです。

 

有給の買取という方法はどう?

有給休暇が消化できずに買取してほしいと思っている人もいるでしょう。しかし通常このような申し出をしても、おそらく会社は拒否するでしょう。というのも有給休暇を買い上げすることが違法であるからです。しかし退職することになったからという場合には、有給の買取は現在の法律上可能になります。現在の法律における有給休暇の買取は、「買い取ることを会社が個人にあらかじめ約束する」「買取金額をあらかじめ決めておくこと」の禁止と解釈できます。退職することによって消滅してしまう有給休暇の買取は、法律上違法とは言えません。

 

退職するので全部有給消化するのは考え物

「退職することになったので明日から有給をすべて消化したいと思っています」ということもできます。しかしこれはあまりにも社会人としての配慮を欠いているといわざるを得ません。皆さんが退職することになれば、あなたの仕事をほかの会社の誰かが引き継ぎます。退職するのであれば、この仕事の引継ぎをしっかり行うのがマナーです。引継ぎをして、それでも余った部分は有給に使う、それでもなお余ってしまったのであれば、買取の相談を会社に行うという方法を取るのがベストです。退職日を決めるのであれば、引継ぎと有給の消化の日数を退職に伴う有給消化は必ず取れる、会社側は有給を取られたくないなら買取することもできる
考えて決めるといいでしょう。